• 無駄にできる時間はありません

    食品や使い捨て製品の量を大量に減らすことによって、私たちの地球、人々、そして私たちが住み、働いている地域社会が今後より長く繁栄できるようにすることが私たちのビジョンです。

私たちのコミットメント

私たちは、ビジネスの機会と私たちの製品を利用することで、私たちを取り巻く世界に貢献することをビジョンに掲げています。プラスチックや食品の廃棄を最小限に抑えるために、再利用可能で、耐久性が高く、簡単に使用できるソリューションを提供することで、私たちの製品を通し、これまで環境への配慮に重点を置いてまいりました。
今後は、さらにこのビジョンを広げ、デザイン、生産、流通から消費、再利用、回収に至るまで、タッパーウェア製品のライフサイクルに関わるすべての段階における無駄を確実に減らすための大きなステップを踏み、廃棄問題に与える私たちの影響を大きく減少させることに励んでまいります。

私たちが与えるインパクト

取り組み

  • パートナーシップ
    close

    パートナーシップ

    ゴミ問題の改善は、私たちだけで実現できることではありません。私たちと共通するビジョンを掲げ、世界で明らかに大きな影響を与えているEllen MacArther FoundationやWorld Central Kitchenのような組織と提携しているのはそのためです。

  • 従業員
    close

    従業員

    社内では、私たちの従業員がお互いに職場や家庭での使い捨てのプラスチックの利用を減らすように呼びかけ、従業員自らが環境への配慮を先導しています。

  • 販売員
    close

    販売員

    私たちの販売員は、長期にわたって再利用できるタッパーウェア製品の使用法を広め、新規および既存の消費者にタッパーウェアの環境に対する貢献を説明することに大きな役割を果たしています。

デザイン

  • 原材料
    close

    原材料

    私たちは、混合廃棄プラスチックからできた新しい原材料を使う4社の中の1社に選ばれたことを先日ご報告しました。絶え間ない革新を礎とした企業として、私たちは常に環境にやさしい原料を求めています。

  • 製品デザイン
    close

    製品デザイン

    Tupperware®︎ブランドの全製品は、環境破壊に大きく影響する使い捨てプラスチックの削減や廃棄される食品の量を最小限にして、何度も繰り返してご利用いただけるようにデザインされています。

生産

  • オペレーション
    close

    オペレーション

    私たちは、廃棄物を削減し、再生可能エネルギーを活用し、またオペレーションに使用する水の量を制限しています。さらに、全生産工場を通じて、ゴミ埋め立て地への廃棄をゼロにできるように励んでいます。

  • 包装
    close

    包装

    2025年までにお客様にお届けするタッパーウェア全製品の包装を、ポリ袋ではなく土へ還るものか生分解可能な包装のみに移行します。

再利用

  • 消費
    close

    消費

    私たちは、消費者の皆様がゴミを減らせるように、使い捨てプラスチックの代替品を生産することを約束し、また販売部門とともに私たちの宣伝活動やコミュニケーションを通じて、消費者の皆様がこのように製品を使っていただけるように啓蒙していきます。

  • リサイクル
    close

    リサイクル

    私たちは2025年までに90%の製品がリサイクルされ、別の目的に再利用されるように、回収プロセスを強化しています。

ゴミを減らすための誓い

Tupperwareブランドでは、ゴミ問題に取り組むためにオペレーションと製品ラインに大きな変更をかけていますが、そこまで大きなことでなくても皆さんができることはあります!繰り返し使えるTupperware®︎の製品を使ってお弁当を持っていったり、ビニール袋の利用を控えたり、使い捨てのフォークなどを断ったりと、小さくても毎日できる変化で、私たちの地球に無駄なものが作られないようにするための基礎となるのです。

ゴミを減らし、モノを大切にするためのヒント

1

自分のタッパーウェア製品を持っていく

家から持参するお弁当には、品質がよく長持ちするTupperware®︎のボールやクリスタルウェーブなどのレンジ使用可能なケースを持っていくようにみんなで心がけましょう。

2

ビニール袋の利用をやめる

使い捨てのサンドイッチ袋の代わりに、私たちのクリアメイトを使いましょう。また日々の食料品の買い物に行く際には、再利用できるトートバッグや袋を持っていきましょう。

3

リサイクル、再利用を常に心がける
使ったプラスチックはできる限りリサイクル、再利用して、無駄のない世界に対して各自ができることを行いましょう。

4

ドリンクは持ち歩き用製品を利用する

終日、コーヒーや水を飲む際には、使い捨てのペットボトルではなくエコボトルなど、Tupperware®︎ の持ち歩き容器を使って中身を補充しましょう。

5

使い捨てカトラリーを使わない

できる限り、フォークやナイフ、スプーンなどは、何度も使って、再利用できる私たちの持ち歩き用カトラリーを使いましょう。